« 伝説は伝説じゃなかった… | トップページ | マンダリンお披露目 »

2007年7月10日 (火)

ソルフェージュイベントレポ

 昨日はココログメンテのためあっぷできず。

 さて、いよいよミニライブ開始。28番という整理券番号、正面でないものの、丁度見やすいナイスポイントでした。なぜか隣がASHARDのせいわさんという、奇妙な縁。(^^;;

 司会進行の桜ふみさん、浴衣で登場。そして榊原ゆいさん(以下ゆいにゃん)も浴衣で登場し、まずは2曲。…実はテーマソングのLittle Wingフルで聴くの初めてだったり…。

 印象としては、かぐらのテーマソングとしてはいいものの、今の所持ってるソルフェージュの印象とはちょっと違いますね。かなりポップ調(まぁ榊原さんをあててるから、最初っからそういう方針かもしれませんが)で、このままゲームになるとどうなるのか、気になるところ。じっくり冬を待ちましょう。

 で、曲が終わってトークタイム。楽屋のぶっちゃけ話や、ソルフェージュOvertureの演奏について語ってくださいました。さすがに初めてじゃ無理だよね…。がんばって弾き続けて欲しいです。ちなみに「ミュージックアクションうまい人」と言われててをあげられなかった私テラヨワス。だって…委員長挙げてないのに自分挙げるのおこがましいんだもん…。

 事前のいくつかのアンケートを元にお話ししたことについて、以下笑えた回答集。

「あなたがゲームディレクターなら、榊原ゆいさんにどんな役を演じて欲しいですか?」

 「あらかたやりつくしたので、巨大ロボ」

 …オイオイ

 「俺のお姉さん」

 …もはや「役」ですらないしっ!

 ちなみに、姉、妹、お母さんのうち、ゆいにゃんになってもらうとしたらどれがいい?と、挙手形式でトーク中に質問が。圧倒的にお姉さん支持多数。私?

 「当然妹ですが何か!?」

「あなたが榊原ゆいさんにしてもらいたいコスプレはなんですか?」

 …会場でも突っ込まれましたが、「前提がコスプレ」ってのはどうよっ!? 「着てもらいたい衣装」とかじゃないのっ!?

 「水着…てのも考えたけど、喜ばれそうなのでパジャマ」

 …ダレガヨロコブンダ…

 「ナース」

 圧倒的大多数の支持を得ていたらしいです…

 ちなみに私はソルフェージュの学園(桜立舎学園)の制服、って書いておきました♪ なんかいずれ着る機会あるかもみたいなこと言ってたんで、これはちょっと楽しみですね。

「あなたが榊原ゆいさんに聞いてみたいこと、相談したいこと…etc.」

 「作詞するときの気持ち」

 われらが委員長の質問だったらしい…。役になりきること、だそうですね。今回「かぐらのテーマ」と、「メインテーマ」兼用なので難しかったらしいですが、やっぱりそうなのかって感じですね。

 「オタバレしましたが、どうすればいいですか?」

 どんな相談だ(^^;;)。いやなんか榊原さん本人もオタクだとカミングアウト。中でも「セーラームーン」がお気に入りだったらしい。バッグにかなり大量につけていたとか。そして机に力作を書いていたが、テスト時に泣く泣く消したこと…。なんでも消すときは写真に撮ったとか。その気持ち、わかりますねー。

 「リアルツンシュクな友人がいるんですが、どうすればいいですか?」

 …もう帰るって、すぐ拗ねて、帰ったあと「あの時引き止めて欲しかった」って、謝罪の電話をするらしい(滝汗)。ちなみに「ツンシュク」とは「ツンデレ」、「ツンギレ」に続く、ゆいにゃんの造語で、「怒り出したと思ったら突然恐縮するような人」だそうです。しかしこれ…ホント実話?

 「両親の結婚記念日に何してあげればいいですか?」

 いやにまじめな質問来たな…。結論は料理、ということに落ち着く。

 ん?私は何書いたかって?…聞きたい人はあとで直接聞いてくださいw。コソーリ教えます。

 

 と、そんなとこで終了。ベスト回答者には持ち物にサイン。巨大ロボ、オタバレの方が選ばれました。そして相性じゃんけん(あいこの人が勝ち残り)で、勝った人がプリクラをもらう争奪戦。私は3回目だけ惜しいとこまで行ったものの敗退。なんと、サインもらった人が再び選ばれました。

 最後に締めとして再度LWを歌って終了→握手会へ。壇上で少しお話して撤退となりました。その後はせいわさん、おおいしさんと軽くご飯、電車で秋葉原まで御一緒しお別れです。ちなみに私はその後秋葉でスタンプ一生懸命押してましたとさ♪

 んー、最近積極的に動いてますが、結構楽しいですね。またなんかあったらいこーっと。

« 伝説は伝説じゃなかった… | トップページ | マンダリンお披露目 »

「ASミュージック」カテゴリの記事

コメント

某いいんちょです。当日はお疲れ様でした~
いや、上手い人と言われたら手を挙げなければなりませんけど、極めた人、と聞かれたので手を挙げられるわけ無いじゃないですか(^^;;)
演奏もチューニングも頂点ははるか無限遠の彼方、一生楽しめます。そんなフォルテール道だからこそ惹かれるのですよ~

#ちなみにその質問は私ではありません。アンケートも3回目となるとだれてきて書くこともネタっぽくなってきますので(爆)

意味無くサブで都市伝説引くのは悲しい事ですね
まみどさんに知られたら殺されますね
メインならまだしも
サブとは・・・・・・

>>某委員長さんw
 お疲れ様&お久しぶりでしたー。

>いや、上手い人と言われたら手を挙げなければなりませんけど、極めた人、と聞かれたので手を挙げられるわけ無いじゃないですか(^^;;)

 いやまぁ、そうなんですがね…きっと、榊原さんからしたら私らは十分「極めた人間」に入るかとw。つかよく言われます、「人外」って(^^;

 あら?その質問いいんちょじゃなかったんでしたっけ。れぽみたらそんなことかいてあったような?

>ロンさん
 まぁもったいないとは思いますね…けど引けたこと自体は嬉しいので、素直に喜んでおくことにします~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151699/7094877

この記事へのトラックバック一覧です: ソルフェージュイベントレポ:

« 伝説は伝説じゃなかった… | トップページ | マンダリンお披露目 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31