« AC版初心者用アイマス講座~育成編そのいち:育成計画と減衰~ | トップページ | AC版初心者用アイマス講座~育成編そのさん:オーディションと育成~ »

2007年1月17日 (水)

AC版初心者用アイマス講座~育成編そのに:キャラクターの特性~

 色々あってちょっとへこんでますが、今日も行きます初心者講座。

 第二回の今回は「育成編そのに」と題しまして、「キャラクター特性」についていろいろ語っていこうと思います。…と、その前のご報告。前回の記事に間違いを発見し、一部修正をかけました。と、修正をかけている最中にソユレンジャー時代何度も対戦した有名P、高槻英人Pより訂正補足が来てさらに修正(^^;;)。

 まず、キャラクターを選ぶ基準がわからない、とおっしゃるあなた。

 好きなキャラを選べばいいんですっ!!

 …コホン、失礼(^^;;;)。しかし、まったく基準がないというのも考えもの。ということでキャラクター選びの基準となる基礎知識をお話したいと思います。キャラクターを選ぶ基準は主に以下の3つに集約されます。

  1. キャラクター減衰(キャラクターの特性)
  2. テンション管理
  3. コミュニュケーション

(キャラクター減衰)
 はい、前回の講座でお話しましたが、「キャラクター減衰(略してキャラ減衰)」と言うものが存在します。ではどのようなタイミングで起こるのか、以下の表をご覧ください。

早熟キャラ(初期パラメーター高) … 伊織/千早/律子
  ⇒30週前後から全パラメーター各週減少
  
中キャラ(初期パラメーター中)  … 春香/あずさ/真
  ⇒30週中盤から全パラメーター各週減少
  
晩成キャラ(初期パラメーター低) … やよい/雪歩/亜美
  ⇒50週台後半から全パラメーター各週減少

 正確な開始時期は忘れましたが…こんな感じです。最終的に61週(デュオ以上なら62週)を進める、ということを考えれば、晩成キャラがほとんど減衰の影響を受けない、と言うことがわかりますね? 加えて、早熟キャラと中キャラには減衰開始時期にほとんど差がない、と言うこともわかっていただけるかと思います。そういうわけで、中キャラは最終的に弱い、と言われがちです。

 …しかし一言だけ。

 キャラ愛に勝るものはなしっ!!

(テンション管理)
 テンション、と言われてもわかりにくいかもしれませんが、画面右上のハートパネルの色のことです。テンションの状態分けは以下の通り。

 テンション最高 … ハートが3枚(オレンジ色)
 テンション普通 … ハートが2枚(黄色)
 テンション最低 … ハートが1枚(青)

 ではまずテンション高低に関するメリット、デメリットを。

 ☆テンション最高 
   メリット
    ・オーディションのポイント増加(1.15倍)
    ・オーディションでジャストアピール(※)が取りやすい
    ・コミュニュケーションによる思い出増加数アップ

   デメリット
    ・レッスンサボり率アップ(最後のレッスンをサボる)
 
 ☆テンション普通、最低   
   デメリット
    ・オーディションのポイント減少(普通=1.0倍、最低=0.9倍)
    ・オーディションでジャストアピール(※)が取りにくい
    ・コミュニュケーションによる思い出増加数ダウン
    ・そもそもコミュニュケーションが発生しないこともある(最低時)
    ・ドタキャンが発生する(最低時/パラメーターもダウン)

   メリット             
    ・たまに追加レッスン(ボーナスでなく)を申し出る
    ・レッスンサボり率ダウン

 ※JA(ジャストアピール)= 曲のリズムに合わせて叩き、
                 ボーナスポイントを得るアピール
                 (アピール音が違います)

 …まぁ、基本的にはテンションを低くするデメリットが大きい、と考えてくださって結構です。と言うわけでテンションを高く保つことが大事なわけですが、ここでひとつ覚えておかなければならないこと。それは「ハートの枚数は特定条件を満たさないと増えない」と言うことです。挨拶失敗→テンション普通→テンションアップ→テンション最高、とは、必ずしもなるわけではないのです。従って、テンション減少要因が多い、もしくはテンション減少幅の大きいキャラは使い勝手が悪い、と言うことになります。

[テンションハート回復要因]
 ・ファンからファンレターをもらう(+1段階)
 ・オーディションに合格する(+1段階)
 ・ランクアップする(+2段階)
 ・朝の選択肢で「休みをとる」を選択する(+2段階)
 
・ドタキャンが起こる(最低→普通)
 ・ワクテカする(※)

 
 ※「ワクテカ」とは、「メールブーストがかかる」、もしくは「パーフェクトレッスン、パーフェクトコミュニケーション、さらにボーナスレッスンでパーフェクトレッスンを1週で出す」ことによって起こる状態です。この状態になると敏腕記者がついたケースと同様全パラメーターが1.15倍され、おまけにテンションが常に最高(変動なし)の状態となります。なお、翌週は必ずテンション最高からのスタートです。

 このように、テンションハート回復要因は意外に少なく、いったんテンションが下がると初心者の方はなかなかテンションを回復できない、という状況になりがちです。テンションが下がる→無理をして回復のためオーディション→そしてまた負けてさらに下がる…というスパイラルな状態になるよりは、無理せず「メールを待つ」、「休みをとる」などをするのがいいでしょう。ちなみにVer1.3では、2週連続「休みをとる」を選択すると「強制解散」を選択できます

 では実際テンション管理がしにくいキャラとは誰なのでしょうか?テンションの上下要因はキャラクターによって違いますので、一概に言うことは出来ませんが、初心者の方が苦しむのは主に、「レッスンに失敗すると下がる」、「挨拶失敗すると下がる」。この2点だと思われます。独断と偏見混じりでキャラを挙げてみると…

[テンション管理がしにくいキャラクター]

(ノーマルレッスンをしたときにテンションが下がる)
 水瀬伊織、如月千早、秋月律子

(挨拶による減少幅が極端に大きい)
 水瀬伊織、如月千早、萩原雪歩

[テンション管理がしやすいキャラクター]

(レッスンがへたれでもテンションが下がりにくい)
 高槻やよい、双海亜美(真美)

(挨拶による減少幅が小さい)
 高槻やよい、双海亜美(真美)

 ※この2キャラは3選択肢中、2選択肢でテンションが上がる

 この他にもさまざまな要因があります。例えば「デュオ以上でコミュニケーションに選んだ、選ばない」、「ファン数や順位が増加した」、「希望の行動どおりにした」…etc. しかし、全体的に早熟キャラはテンションが安定しない傾向があり(律子は比較的マシ)、晩成キャラは安定する傾向にあります(雪歩は例外)。まぁ、実際にひどいのがどのくらいひどいかは「千早ソロ」をやってみるとよくわかります。アレは初心者がやると本当にひどいことになります…。挨拶だけで軽くテンション普通に落ちるわ、衣装変更するだけでテンション下がりますわ、ねぇ(^^;;;)。逆にテンション管理が楽なのをやりたければ「やよいソロ」がお勧めです。ちょっとやそっとじゃへこたれない…。細かいことは実地で試してくださいなー。

(コミュニケーション)
 さて、今回最後になりましたコミュニケーション。まずはこれと思い出の関係性から述べることにしましょう。

 パーフェクトコミュニケーション: +5個/+3個/+3個
 グッドコミュニケーション    : +2個/+2個/+2個
 ノーマルコミュニケーション  : +1個/+1個/+1個
 バッドコミュニケーション    : +0個/+0個/-1個

 ※(テンション最高/テンション普通/テンション最低)の順

 テンションによって得られる思い出の数が違うところは色を変えてあります。見てわかる通り「テンション最高+パーフェクトコミュニケーション」=「思い出5個」。これが最大値なので、出来るだけテンションは高く保っていたいところです。先述したテンションのデメリットにも書きましたが、挨拶などでテンションが下がってしまうキャラは必然的にこの思い出5個をゲットする機会が減るわけです。

 パーフェクトコミュニュケーションが取れない、という方はネットを見ればどこかにリストは転がっていると思います。私はコミュニュケーションを楽しむのもこのゲームの醍醐味と思っているため、そういったものは使っていません(自分でどのコミュニュケーションをどう選択したかのメモはつけていますが)ので、そういったサイトには疎いのです。探したければご自分でどぞ。

 もうひとつのコミュニュケーションの意味合いは、「アイドルからの最終評価」です。コミュニュケーションがよければよいほど評価は上がりやすい(最大Sで+20点/エンディング評価であと+5点)ですが、これもキャラによって上がりやすさが違うようです。最終評価が一般的に上がりにくいとされているのは「春香/律子/雪歩」の3名。しかしこの得点はプロデューサーランクの上昇・降下に関わるものですから、最初の内はあまり気にしなくてもいいかと。補足までにデュオ、トリオの得点は「そのユニットの評価の合計点数」が採用されます。ただし最大点数は+20点。

[次回予告]

 さて、今回も長々と書いてしまいました。次回はオーディションと、出来れば記者について簡単に説明したいですね。あ、戦術論はまだやりませんよー。

« AC版初心者用アイマス講座~育成編そのいち:育成計画と減衰~ | トップページ | AC版初心者用アイマス講座~育成編そのさん:オーディションと育成~ »

「アイマス講座」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です。

テンション回復要因なんですが、

・ランクアップでテンションオレンジ
・休み選択で+1段階

ですよね?

でないと「休みを選択してもはまる千早スパイラルの恐怖」の怖さを説明できませんw
ランクアップは、もしかするとオデ合格で+1段、ランクアップで+1段で必ずオレンジになるのかもしれませんが(これ、7万満点フレ負けとかで、「負けてランクアップしたらどうなるか」を検証しないとわかんないですけどね)、ざっくり書いちゃったほうがわかりやすいかと。

キャラ評価についてですけど、

・最終評価はSで20点
 (引退コンサート結果で最大5点が追加)
・デュオ、トリオの際は、メンバー全員の評価合計点(最大20点)

だったと思いますが…

>さくらいさん
 休みは+2段階のはずー。ただ、2段階といっても千早だと3枚目の半分くらいになる(日々のテンション減退)せいで、「休む→挨拶失敗→またテンション中→結局休んだ意味なし」のループと化すのが千早スパイラルだったはずなので、これはオッケーかと。

 ランクアップは…多分+1のはずですが、確かにざっくり書いた方がわかりやすいかも。

>まさぽんさん
 はっ、引退コンサート、ドーム成功前提で書いてたっ!!…だって最近ドームエンディングしか見てないんだもん…(←はい、いいわけですゴメンナサイ)。
 あれ、デュオ、トリオだと合計でしたっけ?以前試したらたしか計算合わなかったような?

皆さんよくご存知ですねー。

ランクアップは、テンション低→レッスンのファン数増加でランクアップ、を試せばいいんでしょうけど、試すのは難しいなー(爆

休みはくえすさんのおっしゃる通りだったかと思います。
回復がテンション高の半分に満たない(下手するとほんのちょっとだけ)程度なので、千早は挨拶失敗でスパイラルしていますね。

信頼度に関しては、いまだに僕はよくわかっていません。
いおりんなら13コミュあれば十分だ、ってこと位で。12コミュでもいいかも。
選択自体の数、選択肢の数が多い方が上がり易いのはいいとして、タッチコミュの扱いは?タッチコミュの難易度で上がり方に差がある?
どなたかキャラ毎の信頼度満点取る目安コミュ数とかを教えて頂けないでしょうか。

どうみても初心者向けの話じゃなくなってきてるあたりがアレですねw

休みの回復枚数に関しては勘違いでした。失礼しました。
テンション青で休み選択したときに再びどん底に落ちるコンボが記憶にあったので、青で休むと緑スタートだったかなと思ったんですが、挨拶失敗テンション緑→オデ不合格→次週の朝には再び青のコンボでした。
馴れない頃に序盤の雪歩とかで発生するやつですね...orz

>ヤスヒサさん
女の子評価は確か、選択肢の難度は関係なく、単純に選んだ回答数異存のはずです。タッチコミュは1回で2回回答相当だったかな?
最高評価は、まこTさんのとこの記事によると39選択肢が目安みたいですね。
そこから逆算すると各キャラの必要数は見えるかと。

あはは~、私にどう話題に入れと(蹴

皆さん詳しいですね~。
初めての方々、見かけたらよろしくお願いしますね~(汗

あはは~、大丈夫大丈夫。
話について行けてないけど超売れっ子Pになってるのが最低1人はいるから~(斬)

中堅Pあたりになるまで経験を積んでから、改めて読み返すといろいろ発見があるかも知れませんね。

負犬山禎之丞さん》そうかもですね!(ぁ
よし、頑張るぞー!!!

ってなわけで、これからもよろしくお願いしますね~。
にしても、どこを見回しても廃人の方々…(滝汗
本当に、ありがとうございました。

くえすさん》説明分かりやすいですよ~(今のところ)
流石ですね~

 はー、ようやくそのさんが書き終わったよー。さて、コメントレス…。

>ヤスヒサさん
 信頼度は私も微妙なんですよー。櫻井さんがしている話、どっかで聞いたんですが、自分で試したことってないので…。

>櫻井さん
 なんか突っ込み入って初心者級をオーバーしているような気が確かにしますね。つーか私も突っ込んで書きすぎなのかな?うまく調整できるとよいんですけどねー。

 あ、2重投稿になってたので片方消しました。

>負犬山さん
 そうですね、今わからないことも、多分後で読み返すとわかることたくさんあるかもしれません。実際にはそうやって読み返したときの方が効果が高いかもしれませんね。

>ハリスさん
 だから私は廃人ではないですって。すぐそこにいる廃人の方々に失礼ですってば(ぉ)。
 わかりやすいなら何よりです。長々と書きすぎているのでないかとひやひやしていますが…。

講座で触れられた件の具体例になれば幸いと思い、質問申し上げます。減衰に関わる内容になると思います。
伊織ソロ「額田ヒカル」のイメージ内円が、ダンス、ボーカルではグラフ全径の半分近くまであるのに対し、ビジュアルだけが極端に(画面上で3㎜くらいに)小さくなっています。
どのような原因が考えられるでしょうか。
現在48週を終えてAランク、レベルは素で14、現在の曲はHere we go!!
Cランクにいる間に3敗しています。

>負犬山さん
 ええっと…それってハリスさんに「講座を参考に答えてみて」って意味ですよね?私が答えたら意味ないよね!?

あ、それもいい案ですね(笑)
とはいえ私も原因わかってないので解説はくえすさんに丸投げ(処刑)

 一日待って解答つかなかったので、おそらくこうでないかという回答を。というか負犬山さん、多分見当ついてるのでは?

 まずポイントは48週目であるということ。曲変更を14→27あたりでやったとするのであれば、曲減衰(極大)がすでに来ているはずです。Here We Go!!の曲イメージはビジュアルですから、必然的にビジュアルが極端にへこむ形になるかと思います。

 ましてや伊織のキャラクター減衰開始も早いですから、これと合わせると、いくらカンストしていてもへこむ度合いも大きい、ということになります。

 考えられるのはあと2点。そもそもビジュアルのレッスン値をカンストしないまま進めていた、もしくは減衰した後ビジュアルのレッスンをせず、ボーカルダンスのレッスンだけしていたということ。

 もうひとつの可能性は、曲変更で同じイメージの曲を選んでいる、ということですが…やべ、記事に書き忘れてる(汗)。

 こんな感じでしょうかねー?

なるほど。かなり正確に言い当てられて驚きです。というか、さすがです(笑)
レッスン値がこの有様になって、ようやくアクセサリ次第でボーカルユニットにもなれるようになった、という状況だったので、確かにビジュアルレッスンはしていませんでした。曲変更後はダンス3回、ボーカル2回ですね。

ビジュアルが衰えるのは曲イメージのせい、というのは、さすがに私も見当ついてましたが、上に書いただけのレッスン数で、例にあげただけの差がつくという事は、キャラ減衰に対する曲減衰の重さが段違いだと解釈できる、という事なのでしょうか…。

むしろ初級編で扱う事柄の方が奥が深いかも(笑)

>負犬山さん
 当たってましたか、よかった。

 曲減衰は、極大減衰過ぎた後はキャラ減衰と同じように全パラメーター減ってきますが、記事に書いた通り、特定週で曲イメージのパラメーターを一気にもって行きますから、必然的にこうなりますよね…。

 基本は本当に奥が深いです。自分もこれかいてて思いました…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151699/4960451

この記事へのトラックバック一覧です: AC版初心者用アイマス講座~育成編そのに:キャラクターの特性~:

« AC版初心者用アイマス講座~育成編そのいち:育成計画と減衰~ | トップページ | AC版初心者用アイマス講座~育成編そのさん:オーディションと育成~ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31