« 兵どもが夢の跡 | トップページ | アクセス急増 »

2007年1月28日 (日)

AC版初心者用講座~レッスン各論第一回:ボイス、ポーズ~

 さてさて、今回からは「レッスン各論」と題しまして、個々のレッスンを見ていくことにしていこうと思います。

 と、その前に「レッスンの基礎知識」としていくつか挙げておくことにしましょう。

(レッスンの基礎知識)

  1. レッスンは6段階存在する。
  2. 当然だが段階が高い方がゲージは伸びやすい
  3. 評価はBAD、E~Aの6段階
  4. BAD、E評価ではレッスンが2段階下がる
  5. D評価では1段階下がる
  6. C評価では段階変わらず
  7. B、A評価では1段階上がる
  8. アイドルランクによって、レッスンの開始段階が違う(Fで1、Eで2、Dで3…)

 さて、それとは別にいくつか追記しておきましょう。

 まずはボーナスレッスン。一応Lvやランク、テンションが低かったりすると発生しやすいという説がありますが、具体的にどのくらい違うなどと、はっきりしたことはわかっていません。あと、右上にある「デイタイマー」が夕方であること、なんていうのもあったはず。アクセサリー外しをしてわざとレベルを下げている人もいます。

 また、サボりはテンションが高い方が発生しやすい、ということですが、これについてもテンション普通との比較データがあまりそろっていないので定かなことは言えず。ですが、

 そして、「テンション最低」であると「追加レッスン」が発生することがあります。その場合2レッスン追加され、レッスンゲージを上げることが出来ます。これを利用した12レッスン法、なんてのもありますが、まぁこれは初心者用でないので省略。気になった人は調べてみてください。

(ボイスレッスン)

 Ca330750  実際のボイスレッスンの図

 さて、まずは上記の画像を見ていただきましょう。このレッスンは左に見える線が動き、音符の真ん中にある線と重なったときに下の同色の部分を叩くゲームです。これは確か…第3段階くらいのだったかな?

 初心者の方はまず、「音符の色と4つの叩くポイントの位置関係を覚える」ことに力を入れると良いでしょう。ラインが動く方を見なければならない都合、両方見ていると判断が遅れるからです。まずは、「下を見ずに叩く」、ブラインドタッチを練習してみることがお勧めです。

 それが出来るようになったらタイミングです。体で覚えるべきところももちろんあるのですが、自分なりのポイントとして少し挙げておきましょう。

  • ラインが重なる寸前で叩く
  • 均等なリズムで叩く

 ラインが重なってからだとタイムラグの都合で遅くなるので、それより少し前に叩きます。そしてそれをやる際に、私は「♪側のラインを見る」ことにしています。感覚的には「♪のラインに引き付けて叩く」、といった感じでしょうか。動くものをずっと目で追うより、動かないものにあわせていく方が楽だと考えていますが…みなさんの意見はどうでしょう?

 また、音符は密度が上がろうと下がろうと、必ずレッスン1ノルマ内では均一な間隔で並んでいます(ノルマごとには違いますが、段階ごとに固定です)。従って、最初さえつかんでしまえばあとはリズムに沿って叩ければいいわけです。ですから、密度が上がって速くなってきた場合、注視するのは最初の2つ。最初の2つで合わせられれば、あとは同じリズムで叩く意識、そして上の♪の色を見つつ、下の♪を正確に叩ければいいわけです。ここで特にブラインドタッチが必要なわけですね。一つ一つの音符を注視するという手間もなくなります。私の場合、♪を叩いてから「ラ」という声が出るまでのタイムラグを使ってリズム計ってますが…これはあまりお勧めはしません(^^;;)。

(ポーズレッスン)

 Ca330748  Ca330749  ポーズレッスンの図

 ではポーズレッスンへ。CやBを取ろうと思ったら楽なのですが、A評価を取るのはなかなか難しいです。このレッスンではカメラと矢印の対応関係を覚えて、その対応関係通りに矢印を叩きます。

 まず、誤解のないように言っておきますと、このレッスンは「記憶力があればいい」、というものではありません。むしろ、その記憶をいかにして引き出しやすくし、反応速度を高められるかがポイントになります。そのための方策として考えるのは、おおざっぱに以下の2点です。

  • 無駄なモーションをなくす
  • 法則性をもって記憶する/区切って記憶する

 前者についてはいいでしょう。無駄に振りかぶったりすると、余計な時間がかかって結果、評価が下がるということです。自分で意識してなくても入っていることがあるので、出来れば誰かにチェックしてしまうのがいいかと。もちろん、緩慢な動作は厳禁です。

 さて、2つ目の方。これを話す前に、ポーズレッスンの段階ごとの法則性について話しておいた方がいいでしょうか。ポーズの段階ごとのノルマは以下のようになっていますが…

  1. カメラ3つ
  2. カメラ4つ
  3. カメラ4つ
  4. カメラ5つ
  5. カメラ6つ
  6. カメラ6つ

 それぞれ1ノルマ目ににランダムが入ります。これに加えて6ノルマ目を5段階目、6段階目で迎えた場合もランダムです。ただし、「そのキャラの何ノルマ目か」という数え方をしますので、デュオの場合、レッスンを1回-5回と振れば、「ランダム(1人目1回目)→ランダム(2人目1回目)→定型3回→定型(2人目の5回目)」という扱いになります。従って、トリオの場合、1回-1回-4回のように3人に振ると、ランダムを3回やる必要に迫られるため、このような振り方はお勧めできません。…デュオの場合は後にカメラ数が多いときにランダムが入るより、少ないときにランダムが入った方がやりやすいので、1回-5回でいいと思いますが。

 さて、話は戻って法則性へ。ポーズレッスンは定型が数パターンあります。カメラ数が少ないときには途中で切れますが、こんなパターンがあることを知っておきましょう。左からカメラ順です。

  • ← → ↑ → ← ↓ (折り返しタイプA)
  • ← → ↓ → ← ↑ (折り返しタイプB)
  • ← → ← → ↑ ↓ (2-2-2タイプ)
  • ← ↑ → ↓ ← ↑ (回転タイプ)
  • ↑ → ↓ ↑ → ← (3-3タイプ)

 呼称については勝手に私がつけています。通称ではないので悪しからず。

 さて、「これを効率よく覚えるためにはどうするか?」ということになりますが、「分けて覚えること」が大切だと思います。分け方については個人差がありますので、やりながら自分で見つけていって欲しいと思います。が、参考までに1つのやり方をあげてみましょう。

 例:折り返しタイプA

 ← →   → ←  ↓

 赤いスラッシュが区切り位置です。カメラ3を視点の中心にとり、その周りをぼかすように見ます。すると、カメラ3と隣接した位置が「→」、1つおいて「←」があるのがわかりますか? このカメラ3の位置を基準に位置関係で「→」、「←」、「↑」をつぶします。

 そうすると、カメラ6の「↓」はどうなるか、と疑問をお持ちになることでしょうが、ポーズレッスンは必ず6つのカメラが一度ずつしか使われません。つまり、最後のカメラは出る前からわかっているので連打でオーケーです。これで時間のロスを抑えれば、一度くらい多少反応が遅れてもセーフなわけです。さらに言えば、「視界に入らなければ↓」と決めてもいいわけですが。

 なお、私の我流ですので合わない人もいるかもしれません。上の例も区切り方が違う人が多いようです。ただ、法則性を持たせるのが記憶しやすさ、反応しやすさに繋がることは事実です。そして、それを1ノルマ終了ごとに「どう覚えたらいいか」を瞬間的に判断し、再構成していく能力。これこそがポーズレッスンに必要なものであり、慣れが必要なところだと思います。もう少し例よこせー、という方、コメントレスくださいなー。今日はもう朝なので…縮小気味で勘弁してー。

[次回予告]

 さて、次回は歌詞、ダンス、表現力です。表現力苦手です。誰かヘルプミー。

« 兵どもが夢の跡 | トップページ | アクセス急増 »

「アイマス講座」カテゴリの記事

コメント

先生、質問でーす。
デュオ以上のレッスン振り分けですが、0-6とか0-0-6にすると何か不都合があるのでしょうか?

レッスンは臨時休業があるので全部出来るのが良いのは確かですが、僕は歌詞、ポーズ、ダンスしか出来ないですねー。
ボイスや表現力なんてとてもとても・・・・。
表現力でノーマルやギリギリグッド取る位なら、ポーズでパフェ取った方が遙かにマシかと。

先生、質問でーす。
バナナはおやつに入るんでしょうか?
それと、春香はおやつに入りますか?(マテ

大いに暴走しているハリスです。
気にしないで下さい(蹴

なんだかんだ言って、まだレッスン苦手なんですよ~(汗
ノーマルしか取れない状況がずっと…。
よ~し、頑張るぞ~

そういえば、なんだかウマーという噂が(ry

>ヤスヒサさん
 不都合は多分ないですよ。しかし、初心者用なので書かなかったこととして少し触れておきましょう。

 ノルマ1回をB/A取るだけでテンションが上がる、やよい、亜美真美の両者を1stメンバーにしていた場合、1レッスンを振っておけばその分テンション増加の機会が増えるのですー。なお、連続してB/A評価を取った場合テンション上がらないので(3連続評価の判定中となるのだと思われ)、2ndメンバーだった場合、1stメンバー最後のノルマが評価B以上だと、最後にB評価以上をとってもテンションは上がりません。一旦C評価を取ればリセットされますが。

 あと、個人的に振り分け0にするのは心が痛むので(笑)。

>ハリスさん
 いい感じに壊れてますねぇ。レッスン出来ないとこのゲームかなり苦しいので、がんばってくださいねー。

成る程ー。先生、どうも有り難うございました。
先生が書かれている様に、ポーズレッスンの場合は1・6回目がランダムになるので、振り分けを0-6にしているのですよ。
コミュ取らない方でレッスンしてテンション回復させておく形で。

ところで先生、いおりんはおやつに(ry

>ヤスヒサさん
 個人的にはカメラが多くなってからランダム来るよりは、先にカメラが少ないうちにランダム来た方がA取りやすいと思っているんですがね。後半だと変わらないと思うんですが。
 ランダムでB以上取れる自信ががないと、序盤ランダムが出ることでレッスン段階が上がらず、パーフェクトレッスンが出にくくなる、ということはあるかも。まぁ、自分のやりやすいようにやるのが一番ですー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151699/5119047

この記事へのトラックバック一覧です: AC版初心者用講座~レッスン各論第一回:ボイス、ポーズ~:

« 兵どもが夢の跡 | トップページ | アクセス急増 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31