« 新年初アイマス | トップページ | AC版初心者用アイマス講座~育成編そのいち:育成計画と減衰~ »

2007年1月15日 (月)

苦しい3人戦

 きょうはお知り合いの方がたくさんラッキープロデューサーな日。海神航さん、ひふみさんのサブカードが7ユニット、そして以前SOYU事務所に入ってくださったあれあれーふさんも選出。みなさまおめでとうございます~。

 さて、昨日のオデ。オデ譜見せたら対人スキルSを持つ、ASはーど普及委員会アイドルマスター支部の(真の)代表、水月映二Pより「むりげー」と称されました。とりあえずみなさんがどう見るか、ちょっと気になったのではっつけてみます。以下そのオデ譜です。

 Score14

 初心者さんが見てそうなので、説明しておきましょう。それぞれの節で何点叩いたか、そしてその結果の順位が( )書きで示されています。各節(1)~(3)の方が☆をゲットするわけですね。その脇にある+11とか言う数字は、☆をもらえるボーダーに対してどのくらい高いか(マイナスなら低いか)、を示しています。従って、「+11=あと11点下げても☆がもらえる」という意味です。あ、3位以内の同点は0点の場合のみ6位(☆=-1)扱いで、その他は☆をもらうことが出来ます。

 いやぁ、見れば見るほど苦しいなぁ。1節☆を落としたのは運がなかったのか。

 1枠はソロ。そしてVoイメージでVo振り切りと見えます。Voを1節ぎりぎりHUMが打ちぬけていますが、Vo1アピ=115で、もう1アピ打つとさすがにオーバーアピールとみてこれでとどめざるを得なかった、というのが本音でしょう。Daはここから1アピ下げれば500台前半、Viも1アピ下げれば400を割り込む。苦渋の決断だったかもしれません。しかしソロでそう打たねばならなかったことがかえって幸いしたのかと。それ以前にパラメーターで勝ってますから、1枠の方はこの展開ならソロデュオ問わず間違いなく満点とって来たでしょうね。

 2枠の方はデュオ、レベル15。これもVoを下げたのは苦汁でしょう。Daを600より下げたくない、Viも400よりは下げたくない。ではVoを削るしかない。結果こんな感じになる。3節のVoは私が3点落としたのを見切ったのか、それともCPUの点数が低いのを見切ったのか、はたまた単にぬるく打ってしまっただけか。よくわかりませんがそれでも☆をキープしてます。

 結局Vo、Viともに400以上打てる自分がめぐり合わせで落ちたってことなんでしょうねぇ、運がない。これを本当にタイトに打ち切れるものかなぁ。まぁ、何でも挑戦。やれないと思うよりも、やってみようと思う気持ち、大切にしていきましょう。

« 新年初アイマス | トップページ | AC版初心者用アイマス講座~育成編そのいち:育成計画と減衰~ »

「アイドルマスター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151699/4946323

この記事へのトラックバック一覧です: 苦しい3人戦:

« 新年初アイマス | トップページ | AC版初心者用アイマス講座~育成編そのいち:育成計画と減衰~ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31