« 何気ないひととき | トップページ | 9ソロ近況報告 »

2006年11月17日 (金)

久々の…

 明日にワクテカが集中して、ちょっと時間の都合でレッスンしていなかったユニットを軽く動かし、なんとなく大会の始まっていた麻雀格闘倶楽部へ。しかし千早はワクテカ来ないのう…。

 いきなり何も出来ず3着スタート。うん、悪い展開。まわりが打って自分が関われない。2局目は最後に2着から3着に転落。これは別に悪くない。トップをとりに行った結果。ハネ満打ってもラスへはいかない、トップと5000差の2着なら行きます。大会だといつもより行き気味。さて、その後は逆転2着、トップといい展開。そして6対局目、奇跡が起きました…。

 起家、東一局で対面のリーチに一発で西を打って12000放銃。完全に私のミスです。最終的に打つにしても、西を数え間違えてた(覚え間違えてた)のは敗北。少なくとも8000放銃ですんだはず。次局、8種8牌スタート。どうしようもない手牌なので、国士を見つつ、降り気味に打ち始める。…テンパッちゃったよ(汗)。待ちは1ピン。ドラ表示牌に1つ、場に1つ。最後の余り牌は8ソー。4ソーを直前に打ちながら1-3のカン2ソーを鳴かれたので、枚数上チャンタか上の3色の本命牌として絞りつづけてました。しかし打ってみると…

対面「カン!」

くえす「えーーーーーーーー!!」

 ちょ、確かに対面がその辺もってるかもしれないとは思ってたけど、ポンならともかくわざわざカンですかっ!そして3枚目の1ピンがドラ表示牌。あー…とか思ってたら

(対面ラス1ピンを切る)

―ずごごごご…ずどぉぉぉぉぉぉん!!―

ナレーション「国士無双。役満」

 リアル、ゲーム通じて久々の役満和了です。ちょうど飛びでゲームも終了。でも脇二人はほとんど何もしないでちょっと悪いことした気分かも…(^^;;;)。しかし本当に微妙なものです。きっと先に私が8ソーを叩くと私はあがれないのでしょう。1順の後先って怖いなぁ。

« 何気ないひととき | トップページ | 9ソロ近況報告 »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

私は火曜日にMJ3でアガりました。
南家スタートの東一局は対面がハネ自摸。親になった東二局で下家が四暗刻自摸…。
残り千点、親番なしで迎えた東三局。九種十一牌くらいから一向聴まで持って行った十巡目に上家がリーチ。
欲しい牌の一方、イーワンはドラ表示牌と、上家の捨て牌とに1枚。リーチの同巡に対面が現物切り。
もうダメかと思った次順に聴牌。ミンゴスの教え(笑)に従ってダマ。
即、リーチに通ったばかりのイーワンが上家の手から…。

オーラスで対面の追撃を受けて、あわや役満アガった2人が2着3着という恥ずかしい事態になりかけましたが、トップで終了。
「地獄からの生還者」なんて肩書きがついて、結局恥ずかしい事態に…。

 役満が東風で2度出るとか何ですかそれ(^^;;)。どんなインフレ麻雀!?

 しかし私がすごいと思うのはむしろ負犬山禎之丞さんがタイム切れを起こしただろう残り1000点の時、途中抜けをしなかったことです。そこから勝ちきってしまうのももちろんすごいですが、やはり諦めないことって大事ですね。

>地獄からの生還者
 いやまぁ…ねぇ?ところでそんな状況から勝ちきれたのを記念して、やっぱり名前を「勝猫海」に改名しませんか?(笑)

MJ3では、放銃さえしなければそれほどタイムは減らない感じです。ですから残り千点の時点でも、けっこう余裕があったような。
国士狙いで打牌に時間をかけなかったからかも知れませんが(笑)

でも、途中抜けは時間の都合がなければやりませんね。
だって普通の4位より余分に経験値持って行かれるし(おい)

では、水月さんとこで予想が当たったら、時限で名前変えましょう(笑)

 あら、MJ3ってそんなにタイムの減りが少ないんですか。私は2までMJユーザーでしたが、MJ2だとツモられても結構減ってたような覚えがあるようなないような?ちなみに乗り換えたわけはe-Amusement passが使える、SOYUの設定がいい、という理由です。始めたのは今月入ってからですがね。

>予想当たったら
 楽しみにしてます~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151699/4227453

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の…:

« 何気ないひととき | トップページ | 9ソロ近況報告 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31